toggle
2019-01-08

人に言われて

去年の4月、「ちゃんと真面目にブログを更新します!」と宣言したのはずなのに。
結局一度も更新しないで年が明けた。
(instagramは真面目にやっています)

昨年の12月、家内が名古屋の展示会に行っていて、一人で店番をしていたある日
若いカップルが 来られた。
熱心に作品を見てくれて、いろいろな話をしているうちに男性から
「ブログはもうやらないんですか?」
と聞かれた。
さらに同じ日の午後、やはり若いカップルが来店してまた男性から
「ブログ、面白く読んでいましたよ。また始めてくださいよ。」

こんなことがあるのか?・・と思った。
8カ月もサボっていたブログのことを、ある一日だけで二組のお客様、
それも同じような20歳代のカップルで、その男性の二人に
続けざまに指摘されるなんて、不思議に思った。
今までブログのことなんか一度も言われたことは無い。
何かの教示なのかと考えた。昔話にあるように、
神様や仏様でもないけど、ご先祖様あたりが「言ったことは守れよ」と
言いに来たのかなぁと思った。

実は昨年の後半にかけて、知り合いが多く亡くなった。
大往生の方もおられるけど、まだこれからという私と同年代の方たちもおられる。
かつて皆お世話になった方々だ。
わたしが今、ここにこうしていられるのは多かれ少なかれ
その方々と出会ったことと無縁ではない。

自分では真剣に、がんばってやってきた、生きてきたつもりでいたけれど、
逝ってしまった人たちに
「まだまだぜんぜん足りないわ。もっともっとやれよ。
何サボってんだよ?まだまだ生きるつもりだろ?」

そう言われている気がする。
ブログのことだけではなく、胸に手を当てると
やるべき事でやっていない事が山ほどもある。

彼らと一緒にいた頃の、若き日の顔が浮かぶ。
まだまだやりたいことがいっぱいあったと思う。
「それなのにおまえは!」と叱咤され、
喝を入れられたような気分の新年です。